PC・スマホが無い場合の航空チケット購入

banner

Archive for 2017

小旅行に浜名湖パルパルははいかがでしょうか?

2017-08-21

浜名湖パルパル』は静岡県浜松市西区の舘山寺町にある遊園地です。浜名湖沿いにあり、静岡県西部地域では最も規模が大きい遊園地となっています。園内にはジェットコースターやゴーカート、空中ブランコや急流すべりのコースターなど、さまざまなアトラクションがあります。

子ども向けなアトラクションがメインですが、メガコースター「四次元」や、ゴーカート、急流すべりの「ドンブラーコ」は本格的で大人でもスリルが味わえるアトラクションでおすすめです。アトラクションだけでなく、ステージショーやイベントにも力を入れています。

2017年8月、9月では週末に複数回、宇宙戦隊キュウレンジャーやキラキラ☆プリキュアアラモードといった子供に人気の特撮、アニメのショーが開催されます。また毎年恒例で8月は頻繁に夜に打ち上げ花火を開催していて、こちらも人気のイベントになっています。

また、夏季期間だけパルプールという併設されているプールで遊ぶこともできます。楕円型の大きい流水プールのほか、キッズスライダーやバケツアウトというウォーターアトラクションが用意されていて、こちらも夏は家族連れでよく賑わっていて好評な施設です。

園内にはこのように昼間から夜まで楽しむことができるアトラクションやイベントが用意されているため、1日を通して園内で楽しむことができます。料金はフリーパス(入園料込み)の大人が税込4100円、中学生が税込3700円、小学生や幼児、65歳以上のシニアは3400円となっています。

またお得なプール付フリーパスもあります。入り口付近には静岡県西部地域のお土産品が種類豊富に販売されています。施設のすぐ近くには舘山寺ロープウェイがあり、山頂にあるオルゴールミュージアムまでロープウェイで登ることができます。

舘山寺温泉の温泉街もすぐ近くにあるので、近隣にはたくさんの宿泊施設があり温泉も楽しむことができます。関東圏と関西圏の中間地点にあり、どちらの圏内からも数時間で来ることができるので日帰りや週末の小旅行にはおすすめのレジャースポットです。

南国のパラダイス!スパリゾートハワイアンズの魅力

2017-08-14

皆さんは一度南国に行きたいと思ったことはないでしょうか?実はその南国感を味わえる観光スポットが福島にあります。それはスパリゾートハワイアンズです。今回はそのハワイアンズの魅力を紹介して行きたいと思います。

一つ目はかなり暖かいことです。スパリゾートハワイアンズがある福島は沖縄どころか東京より緯度がはるか北にあり、冬になるとかなり寒いです。とても南国とは程遠い寒さですが、それでもハワイアンズが一年中暖かいのは訳があります。実はハワイアンズ周辺に湧いている温泉を使っているのです。温泉は一日に全国の人々に分けられるほどの量を誇っていました。スパリゾートハワイアンズはこの膨大な温泉の量と地熱を使って暖かい環境を保っているのです。東北の地で一年中暖かい南国の楽園を作り出せるのは、日本から見てもかなりの業績です。

続く二つ目はフラダンスです。スパリゾートハワイアンズのダンスはハワイのダンスを元にしたものですが、そのクオリティは本場のハワイにも負けていません。この美しい踊りを東北で見れるのは、そうそうないことですからね。ハワイ好きな人にはかなり関心を惹かれることでしょう。

三つ目はテーマパークが魅力的なことです。その一つがウォーターパークで、さらにはハワイの街並みを再現したショッピングもあります。大きいドームの中で、南国感溢れるショッピング店に行けるのは貴重な体験になります。暗闇の中を疾走するワンダーブラックや川下りを体験できるワンダーリバーなど面白いアトラクションは様々。 迫力溢れるウォータースライダーが何個もあるのはワクワクしますね。また、「江戸情話与市」という日本的テーマパークもあります。スパリゾートハワイアンズは楽しみがいっぱいですね。

ここまでスパリゾートハワイアンズの魅力を紹介してきました。日本でハワイらしい感触を味わえるのはここハワイアンズだけです。ハワイに行きたい人は、スパリゾートハワイアンズで予習するといいでしょう。

スパリゾートハワイアンズ:新人フラガール11人がデビュー 福島・いわき /秋田 – 毎日新聞

名古屋から一番近い島「日間賀島」で海の幸を堪能!

2017-08-02

日間賀島は愛知県の南知多にある人口2千人ほどの小さな島です。

師崎港から高速船で15分程で行くことができ、名古屋から1時間程で行けてしまうので、それほど遠くもないのでプチ旅行としても人気のスポットです。
そんな日間賀島で有名なのは、タコとフグです。日間賀島の港には大きなタコのモニュメントが設置されており、日間賀島のシンボルにもなっています。

フグは10月~3月の間に味わうことができ、フグ刺しやフグ鍋、からあげなどが人気です。
タコは1年を通して味わうことができ、タコの丸茹でが名物です。見た目のインパクトもありますが味も絶品です。

その他にもタコ飯やタコのしゃぶしゃぶなど絶品料理がたくさん!
もちろんタコとフグ以外の新鮮な魚介類も味わうことができ、島内には食事処が多くあります。
3月~6月はシャコやあさり、4月~6月はアナゴ、11月~2月はアワビや牡蠣、3月~11月はシラスなどとそれぞれの時期で旬のものを味わうことができます。

食べたいものに合わせて時期を選んで訪れてください。
民宿もいくつかあるので1泊で利用するのもオススメです。
小さな島なので歩きでも2時間程で一周できてしまいます。歩きながら島の中をゆっくり散策するのも楽しいですが、レンタサイクルがあるのでサイクリングも人気です。

海風を感じながら島をサイクリングするのはとても気持ちが良く、ちょっとした運動にもなるのでオススメです。
またハイジのブランコといわれている、自然の中にポツンとある手作りのブランコが人気スポットにもなっています。

ブランコに揺られると足元には海の景色が広がりスリルと開放感を味わうことができます。人気の撮影スポットでもあります。

港のすぐ前のお土産屋さんでは「多幸まんじゅう」が売られており出来立ての熱い状態で味わうことができます。
店舗内では出来上がる工程を見ることもできますし、すぐ目の前で作られているのでおいしそうな匂いにつられてつい購入してしまいます。

1日あれば十分観光できてしまうほどの大きさの島ですが、何をしに行くわけでもなくただのんびりとしたい!という方にも是非オススメです。

Copyright(c) 2014 PC・スマホが無い場合の航空チケット購入 All Rights Reserved.